建設|土屋 采代 建設|土屋 采代
建築部建設課
土屋 采代Ayami Tsuchiya
2018年入社
PROFILE
父親が住宅関連の仕事をしており、幼い頃から住宅のデザインや構造に興味があり、 自分でもものづくりをしたいと思っていた。大学で建築・設計を学び、就活でも家づくりの仕事を志望した。 現在は、現場で施工管理を学び、設計部門へのキャリアアップを目指している。
業務内容を教えてください。
私は、新築住宅の施工管理の業務をしています。 お客様に満足いただける住まいをつくりあげることがミッション。その業務は多岐に及びます。 建物の品質や工程、安全、予算等を確認し、現場を円滑に進めるために職人さんや協力会社を取りまとめ、 お客様のご希望通りに施工されているかどうかを確認します。 また現場の隅々まで気を回して、職人さんが気持ちよく働ける環境をつくることも大切なことです。 設計者の図面に沿って工事は進みますが、必ずしも図面がそのまま形になるわけではありません。 ですから、施工管理担当の力量が家の品質やお客様満足度に反映されますし、 そこに難しさとやりがいを感じています。
フクダハウジングに入って良かったと思った瞬間
施工管理の仕事をするようになってから、感謝の気持ちを心の底から持てるようになりました。 住宅は人生で一番高い買い物です。マイホームを持つという夢を叶えるために、 フクダハウジングを選んでくださることが本当にありがたいと感じますし、 お客様が喜ばれる姿を目にしたときも感謝でいっぱいになります。 また、実際に建物をつくる=施工するのは協力会社や職人の方々ですから、 実際に手を動かす職人さんたちにも感謝の気持ちを忘れずに、職人さんたちがモチベーション高く、 気持ちよく前向きに働くことができる環境をつくるよう日々心掛けています。大変なこともありますが、 会社の年間休日数も多いですし有給も取得しやすいので、メリハリをつけて仕事ができています。
建設|土屋 采代
部署の雰囲気を教えてください。
私が所属している建設課は、7名のメンバーで構成されていますが、 非常に風通しが良く和気あいあいとしています。若手社員が多いため、 年齢の近い先輩社員に何でも相談できるのがとても心強いです。 先輩方の手厚いサポートのおかげで、私自身、暖かく育てられて成長してきたと感じています。
未来像の自分
お客様の設計担当として、早く一人前になりたいです。 そのために、今は施工管理担当として建設現場で日々勉強させていただいています。 一級建築士の資格取得が当面の目標ですが、現場で培った家づくりの知識、経験を蓄えて、 幅広い年齢層のお客様にベストな提案をできる設計士になりたいと思っています。 また、女性ならではの目線や生活体験を家づくりに活かしていきたいと考えています。
建設|土屋 采代